BLOG

日光は万能ビタミン

2020.04.29

Hallo ~ mia です⭐︎

「自粛要請」がでてお家に閉じこもり、

日光を浴びる機会が極端に減ってしまった
という方が多いんではじゃないでしょうか?

そこで今日は日光浴によって得られる素敵な
効果についてお話ししたいと思います。

・日光浴で「ビタミンD」が作られる

健康な体を維持するためになくてはならないビタミンD。カルシウムの吸収や筋肉の合成を促したりするビタミンDは紫外線を浴びることで生成されます。

実はそんなビタミンDには、免疫系の細胞の働きを良くする作用もあるのです‼︎
免疫の機能を調整・維持してくれます。体の中でホルモンのように働いて、体中の細胞にさまざまな指令を出す、重要な働きを担っているのです☆

・日光浴は幸せホルモンが増える

日光を浴びることで「セロトニン」という物質がつくられます。セロトニンは脳内神経伝達物質の1つで、やる気や集中力を作る「ドーパミン」の仲間です。

セロトニンは分泌されることで、精神を安定させ、
幸福を感じやすくする効果があるため、
「幸せホルモン」と呼ばれています。
また、うつ病予防に役立つ物質としても知られています。

紫外線は、皮膚ガンなどのリスクを指摘されますが、
大きなメリットがあることもお分かり頂けましたでしょうか?

お散歩での感染には充分気をつけて

1日15分の日光浴を試してみては?☆